EDに関わっている心理的な原因を追求して治療に繋げよう

EDになる心理的な要因

男性

コンプレックスがある

男性は性行為に関して女性にコンプレックスを抱えることが多い生き物です。男性器のサイズや形に関するコンプレックスや、経験人数の少なさや前戯の下手さなど、あらゆる面でプレッシャーに感じて、結果EDになってしまうケースがあります。そのような悩みを持っているという人は、男性ならば皆多かれ少なかれ、そのような悩みを持っていると知りましょう。みんなが悩んでいると知れば少しは気が楽になるのではないでしょうか。名古屋にはEDの相談を出来る医療機関が数多くあります。

マンネリ化

特定のパートナーと長期間一緒にいる場合は新鮮さがなく、興奮しずらいかもしれません。そんな時は、場所を変えたり服装を変えたりすると性的興奮が得られやすく、EDが改善することもあります。

相性によるもの

相性というと少し漠然としているかもしれませんが、相手の臭いが気になったり、体型が好みでなかったりといった事が原因で、性欲が減退してしまうことあります。臭いなどであれば相手側が改善できる可能性もありますので、傷つけないように相談してみましょう。

潔癖症

綺麗好き過ぎて自分の体が誰かと触れ合うのに抵抗を感じてしまう人もいます。性的快感よりも不安感の方が勝ってしまい、勃起が出来なくなってしまうのです。そのような症状がひどい場合は、適切な医療機関での受診をおすすめします。

責任感

相手を気持ちよくさせなければいけない、長い間持たせないといけない、など性行為をプレッシャーに感じてしまうことでEDになってしまうケースも多いです。常に体調万全という人はほとんどいません。勃起が難しいと思ったら素直に女性にそのように話してみると良いでしょう。